飽きやすい人とそうでない人の違いとは?

ご訪問ありがとうございます。

 

人生が色鮮やかに輝き

なりたい自分を発掘する

 

心理セラピスト

彩りサチコです

 

 

 

飽きやすいんですよ、長続きしないとご相談がありました。

いい事だから続けようとしても習慣化しない、

やっぱりダメな自分だ…と思うんです。

どうしたらいいでしょうかと・・

 

何故飽きてしまうのでしょうか。

 

これは取り入れたい!いいなと思う新しいことは
自分に合うかどうかやってみないとわかりません。

 

新しいことに挑戦する場合「やらなければ」と
自分にプレッシャーを与え続け、
やがてストレスになり縛り付けられた気持ちになってきます。

 

解放されたい為、
自分に出来ない理由を並べて
行動をブロックしてしまいがち・・

 

行動を持続するにはどうしたらいいでしょうか・・

 

それは、

 

出来なかった時の自分を評価しないことです。

 

例えば、

 

ウォーキングを毎日すると目標を立てます。

毎日なので出来なかった日も出てきます。

 

その時に

 

 

「あー今日は出来なかったダメだな」と思うと

潜在意識にダメだった印象が残ります。

 

 

潜在意識は良し悪しの判断ができません。

 

悪いことを消さないので自分の中にそのままの印象を残します。

 

 

それが増えるとできない自分が出来上がることになるのです。

出来なかったことを評価しなければ

出来なかったことは残りません。

 

 

「今日、1周できた」「歩くことが出来た」と

出来たことを増やすことで「できた自分」に意識が変化してきます。

 

 

悪かったことを反省しなければ進展がないのでは・・?と

感じますが、悪かった自分を反省すると

自分ができる範囲の「枠」を作ってしまうため

行動範囲が狭くなってしまいがちに・・

その総合評価が

「飽きやすい自分」になり

挑戦することをやめてしまうきっかけに・・

 

まずは、継続する意識を保つためには

「出来た自分」を意識すること。

 

これが生活習慣を変化させる第一歩!

 

 

一緒に新たな自分に彩りを添えていきませんか?

 

健康、その他のご相談、予約はこちら☜